link facebook2 twitter youtube

Mac OS SierraでImageNet_Utils#labelImgGUIを起動する

yoloの学習データを作成するために、ImageNet_UtilsのlabelImgGUIが使えるらしくこれを、Mac OS Sierraにインストールを行いました。

環境

以下の環境で構築を行います。

  • Mac OS Sierra
  • Python 2.7

事前にインストールしたもの

このツールを使用するために事前に必要そうなもをインストールします。

  • opencv
  • PyQt4
  • lxml

brew install

brew install opencv cartr/qt4/pyqt --with-python3

pip install

sudo pip install lxml

パスを通す
export PYTHONPATH=/usr/local/lib/python2.7/site-packages:$PYTHONPATH

ImageNet_Utilsをダウンロード

git clone https://github.com/tzutalin/ImageNet_Utils.git

labelImgGUIに移動しmake

cd /ImageNet_Utils/labelImgGUI & make all

実行を確認

python labelImg.py

612cac988b876668ce942c5752d50494

インストールが完了したので、これを使って学習データがどのように作成されて行くか、調査して行きたいと思います。

This Post Was Written By 若井豊

© eggplant